koerida-blog

40代主婦の七転八倒雑記ブログ

お眼鏡に適ったコンタクトレンズ〜新感覚生レンズ〜

 

f:id:koerida:20201020191125p:plain

 

コンタクトレンズ暦・・・約30年のこえりだすぅです。

このほど、メダリストワンデーから新しいレンズに変えてみました。

今話題の「生レンズ」と言うやつです。

すすすすすす凄いフィット感です。

 

お金のかかる目玉 

遺伝のため視力が悪くなり中学に上がる頃には眼鏡を。多感な思春期で眼鏡を激しく嫌がりましたが、コンタクトレンズなんてものは当時出回っていたのかどうか。

お洒落に目覚めた従兄が不思議な小さいケースを持ち歩いていて、それが出始めたばかりのコンタクトレンズだと後で知りました。

高校生になると増々「脱・眼鏡」願望が激しくなり、バイトで貯めたお金で、ハードコンタクトレンズ(当時約5万円ぐらい)をとうとう手にしました。

ここからこのハードコンタクトレンズを何度も割り、紛失し、友達との会話中にふっ飛ばしたりして周りに探させ、迷惑かけて金かけて…とハードなハード時代を過ごしました。

お勤めする頃から金銭的に余裕も出て、ハードレンズの2週間装用のものに変え、ソフトレンズの2週間に変え…。

しかしながら、連続装用のレンズは持ち運びがとても不便で、就寝前のお手入れも面倒臭くて、つけっぱなしで寝てレンズが固まる、している事を忘れてレンズonレンズにしてみたりとずさんな2週間レンズ時代を過ごしました。

 

少し高いけど1DAYに変えたのはいつだったかもう覚えていませんが、やはり夜にピュッと外して朝に新鮮なレンズをスチャっとつける爽快感は、何物にも変え難かったです。

 

認めたくない老眼の経緯

アキュビューにしてみたり、物凄い安価なものに変えたり(眼球が痛くなる)しましたが、最終的にはボシュロムのメダリスト1DAYに落ち着いて早十数年が経ちました。

寄る年波には勝てないものでして、コンタクト装着時における遠近のピントの速度が遅くなり…そうなんです、とうとう小さい文字が見えなくなってきたのが昨年。

ピント調節による目の疲れだろう偏頭痛が頻繁に起きていたので、コンタクトを外して「裸眼でいたいよ症候群」が始まってしまっいました。今度は「脱・コンタクトレンズ」です。

昨年、遠近両用眼鏡を作るため眼科の門を叩き、老眼デビューを果たしました。

せっかくデビューしたのだから、一日中眼鏡でいればいいだけの話ですが、仕事の雑務で銀行や郵便局やヤマト運輸、お買い物などに外出する時には、眼鏡ではなくコンタクトでいたい花の40代。

やはりコンタクトレンズも必要だと言う事で、昨今は酸素透過性の遠近両用のコンタクトレンズもあるらしいとの情報を聞きつけ、

まとめ買いしたメダリストが尽きるのを待って、ようやく遠近両用コンタクトレンズを求めて再びの眼科の門を叩いたのでありました。

 

初めての遠近両用コンタクト

事前に1DAYの遠近両用コンタクトレンズは何種類かチェックしていたのですが、眼科でお薦めされたのがこちら。

 

alcon-contact.jp

 

てっきり、有名どころのアキュビューやメダリストを薦められると思っていましたが、こちらの「生レンズ」、使ってみたい!と思っていたので他の種類のお試しもあったけど、即答でこれに決めてしまいました。

 

だって、メダリストのレンズより若干大きめでふわっとして眼球を包み込むような、

それでいて載せた瞬間、キューっと吸い付くような、なにこの物凄いフイット感、なにこの裸眼感、

「つけてないみたい、これが生なのか…!!」と眼球に爽快感が生まれてしまったものですから、選ばずにいられません。

 

問題の見え方としましては、遠近両用眼鏡だと本を読むときなどは少しずらして下方を見るような感じですが、

レンズだと一体どうなってるか不思議なのですが、ちゃんと細かい字も見えるのです。これがマルチフォーカルと言うのですね。

慣れるまでに時間がかかるらしいですが、朝つけて会社につく頃慣れるとか、脳が決め手らしいです。自分の脳がこのマルチフォーカルとどれだけ仲良くできるかと云う解釈をしました(笑)。とにかく、頭痛とオサラバできるのが嬉し過ぎます。

 

1箱30日分を右眼(−5.0)と左眼(−4.75)で2箱ずつお買い上げ。後日自宅へ郵送。

 

だらだらとコンタクト歴など綴ってしまいましたが、 遠近両用コンタクトレンズをお考えの方にはこの「生レンズ」とてもお薦めです。

(※レンズがつるつるして外しづらいかもと眼科で言われましたが、私は特に困りはしませんでした、普通に外せます)

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

\ ランキングが上がると喜びます( *´艸`) /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村